2012年10月18日木曜日

roots...native...

 先日、お休みを頂き亡き父の分骨をしに山形に行って来ました。

 祖父も男では末っ子、父も末っ子、僕も二人兄弟とはいえ、末っ子。 

末っ子of末っ子。

 なわけで、当時僕が訪れていた時は自分自身が幼過ぎて断片的。

 いわゆる「夏休みの思い出@田舎」な感覚。 今回は大分、様子が違っていました。

 生前の父と親交の深かった親族の話、脈々と続く自分自身の家の話。 

その地の空気/風景と今を想像しつつすり合わせてみる、、、。 

一つ一つがとても、とても、興味深かったです。 時代がどんなに変わろうとも、変わるものは何一つなく。

 様々な機会を与えてくれた父に心から感謝。

 「今」も「歴史」の一文脈。

 「今」を大切に大切に「更新」して行きたいです。

 そんな姿勢に自分の心体を整え、櫛と鋏を使えるようになりたいです。

 目に見えない、生来持ち合わせている個性。

 そこに今のリズムを乗せるかんじ。

 お客様は原曲、僕が出来ることは編曲。

 be native scissorsworker..........

owari no kisetsu by rei harakami

0 件のコメント:

コメントを投稿